トラウト釣りスプーンのカラーはこう選べ!定番カラーとカラーローテーション

管理釣り場のトラウト釣りで、最もよく使われるルアーが『スプーン』です。

トラウト釣りでは、スプーンの色の使い分けによって、その日の釣果が左右されるもの。

そのため、釣り道具屋さんに並んでいるスプーンには、いくつものカラーが用意されています。

 

いくつものカラーが用意されているスプーンの中で、トラウト釣り初心者がトラウトを釣るためには、どの色を選んだら良いのでしょうか?

今回は、管理釣り場でのトラウト釣り(エリアトラウト)で使うスプーンの定番カラーと、スプーンのカラーローテーションについて紹介していきます。

エリアトラウトで使うスプーンの定番カラーは7色!

トラウト スプーン カラー

エリアトラウトで使うスプーンには多くの色がありますが、その中でも7色の『定番カラー』が存在します。

これらの定番カラーを選んでおけば、まったく釣れないということはないでしょう。

管理釣り場に行く際は、とりあえずこの7色だけは、最低限揃えておいてください。

1. 金色

金色は、太陽光が反射してキラキラと光るため、トラウトに対して強いアピールをしてくれます。

放流直後など、魚の活性が高いときは特に有効。

このカラーひとつで、数十分間、トラウトを釣りまくれる場合もありますよ^^

 

表がオレンジ色で裏が金色の『オレキン』というカラーや、表が赤色で裏が金色の『アカキン』というカラーは、エリアトラウトのプロも「鉄板」というほどのカラーです。

お財布に余裕があれば、金色単色の他に、『オレキン』や『アカキン』も揃えておくとよいでしょう。

2. 銀色

銀色も、先ほどの金色と同様、キラキラと光るのですが、金色と比べるとそのアピール力は控えめ。

そのため、金色の強いアピールに飽きてしまったり、金色のスプーンを追いかけるほど活性の高くなかったりするトラウトに対し、絶大な効果を発揮します。

 

「オリーブやブラウンほど落ち着いた色には興味がないけど、金色は派手でイヤ!」

というトラウトの興味をひけるのが、銀色のスプーンです。

3. オリーブ(緑)色

オリーブ(緑)色は、管理釣り場でのトラウト釣りの超基本カラー。

私がトラウト釣りを始めたての頃、釣具屋の店員さんに「とりあえずオリーブは必須」と教えてもらった覚えがあります。

 

というのも、このオリーブカラーは、管理釣り場にいるトラウトたちがいつも食べている「ペレット」というエサの色にそっくりだからです。

ペレットというエサはこちら↓

 

そのためオリーブ色は、多くの状況で効果的です。

こちらも、エリアトラウトでは外せないカラーのひとつですね。

4. ブラウン(茶)色

ブラウン(茶)色のスプーンも、先ほどのオリーブ色と同じく、トラウトたちが食べているペレットの色に近いため、定番のカラーです。

ひとくちにブラウンといっても、色の明るさによっては赤っぽいものがありますが、暗めのごけ茶に近いカラーがおすすめ。

 

オリーブでトラウトの反応が良くない場合、ブラウンを使ってみると反応が出る場合があります。

5. 黄色

黄色は、チャートカラー(蛍光色)と呼ばれ、水中でよく目立ちます。

管理釣り場の水が透明なときに、オリーブ色と並んで、効果的なカラーのひとつです。

6. 白色

白色も、光を反射するので、水中でよく目立つカラーです。

「光を反射」といっても、キラキラと光るわけではなく、洋服やカーテンなどと同じように、明るさが増して目立つというイメージですね。

明るさが増すので、水中でもよく目立ちます。

7. 黒色

以外ですが、どんな状況でも、水中でもっとも目立つカラーが黒色です。

黒色のスプーンは、ナイター(日が沈んだ後の釣り)にも使われるほど、もっとも目立つカラーとなっています。

 

黒色でしか釣れないという場面もありますので、こちらもぜひ揃えておきたいカラーのひとつです。

トラウト釣りスプーンのカラーローテーション

トラウト スプーン カラーローテーション

さて、定番カラーを7色紹介してきましたが、トラウト釣りでは、これらのカラーを状況に応じて使い分ける必要があります。

これを『カラーローテーション』と呼び、この上手さが釣果に直結してきます。

 

トラウト釣りがうまくなってくれば、自分の感覚や経験則でカラーローテーションを組めますが、初心者には難しいもの。

そのため、まずは基本的なカラーローテーションを学んでおきましょう。

放流直後に釣れるスプーンのカラーは金色と蛍光色

管理釣り場では、1日の間に数回、トラウトの放流があります。

これは、どの管理釣り場でもほぼ共通していることです。

 

放流直後は、放流されたトラウトはもちろん、元から池にいたトラウトも一時的に興奮状態になります。

そんな興奮状態のトラウトには、キラキラと光って刺激的な『金色』や、よく目立つ『蛍光色』のスプーンが効果的です。

表が黄色で裏が金色など、目立つ2色を組み合わせたものも効果的です。

 

放流直後は、とにかく派手でアピール力が強い色のスプーンを投げましょう。

放流後、少し経った後は白色や黒色

放流後、少し時間が経過すると、トラウトたちは落ち着きを取り戻してきます。

しかし、まだまだ活性は高く、スプーンに対する反応もよいです。

 

そのようなときには、白色や黒色など、よく目立つけれど、金色ほど刺激的でないカラーを選びましょう。

トラウトの活性が落ちたときは茶色や緑色

放流から時間が空いたり、お昼頃になったりすると、トラウトたちの活性が落ちてきます。

活性が落ちているときのトラウトは、キラキラしたスプーンや、目立つスプーンを追いかける気力がありません。

 

そのため、活性が落ちたときは、トラウトたちが普段食べている『ペレット』のような色。

つまり、茶色や緑色のスプーンを投げてみましょう。

天気が曇ってきたら銀色

釣りをしている途中に、天気が曇りがちになってきたら、銀色が効果的。

銀色のスプーンは、よく青色と組み合わされていることが多くあり、この銀と青の組み合わせが、曇りのときには非常に有効です。

 

管理釣り場の水質が、透明であろうと濁っていようと、曇りのときには銀色のスプーンを投げてみましょう。

まとめ

トラウト釣りに使うスプーンには、さまざまな色があります。

ひとつのシリーズに対して、10色以上のカラーが用意されていることがほとんどで、色とりどりのスプーンが釣具屋さんに並んでいます。

 

エリアトラウト初心者の場合は、今回紹介した7色を、まずは揃えておきましょう。

そのうえで、スプーンの左右で色が異なる『ツートンカラー』や、定番色と微妙に色合いの異なるカラーのスプーンを買い足すとよいと思います。

 

スプーンは色とりどりで、眺めているだけでも楽しいのですが・・・

無限に使いほどさまざまなカラーがあるので、スプーンの買い過ぎには注意しましょう(笑)

コメントを残す

管理釣り場の関連記事
  • FishingField中津川攻略!釣れるポイントや放流場所とヒットルアー紹介
    FishingField中津川攻略!釣れるポイントや放流場所とヒットルアー紹介
  • トラウト釣りスプーンのカラーはこう選べ!定番カラーとカラーローテーション
    トラウト釣りスプーンのカラーはこう選べ!定番カラーとカラーローテーション
  • 神奈川県の釣り堀23選!手ぶらで行ける場所から海の釣り堀まで紹介!
    神奈川県の釣り堀23選!手ぶらで行ける場所から海の釣り堀まで紹介!
  • 開成水辺フォレストスプリングスの釣果と釣れるポイント!【2018年】
    開成水辺フォレストスプリングスの釣果と釣れるポイント!【2018年】
  • 開成水辺フォレストスプリングス
    開成水辺フォレストスプリングスの攻略情報!釣れない?大物が釣れる?
おすすめの記事
釣りホリックとは?

釣り初心者も大歓迎!釣りホリックは、釣りを始めてみたい!釣りをもっと楽しみたい!というあなたを応援するWebメディアです。
釣りホリックでは、釣り道具の選び方や、魚を釣るためのコツなども紹介しています。
 
『釣りを、もっと身近に』
 
というコンセプトのもと、誰もが釣りを楽しめる情報を発信中!
釣り歴20年以上の管理人による、個人運営ならではの釣行記など、大手釣りメディアにはない特徴もいっぱいです!