どのオモリを使えばいいの?釣りに使う12種類のオモリ一覧とその使い道

釣りに必要な道具のうち、仕掛けを沈めたり遠くにとばしたりするために必要な道具である『オモリ』。

釣具屋さんには、ガン玉やナス型など、いろいろなオモリが売られています。

 

しかし、どのオモリを使ったらいいのかは、それぞれのオモリの形状を見てもなかなかわからないでしょう。

そこで今回は、釣りに使うオモリの一覧と、それらのオモリの特徴や使い道などを紹介していきます。

釣りに使うオモリは12種類

釣りに使うオモリは、大きく以下の12種類に分けられます。

  1. ガン玉
  2. カミツブシ(割りビシ)
  3. 板オモリ
  4. ナス型オモリ
  5. ナツメ型(中通し)オモリ
  6. 小田原型オモリ
  7. 胴付き型オモリ
  8. L型天秤
  9. ジェット天秤
  10. ブラクリ
  11. プラビシ
  12. アンドンビシ

これら12種類のオモリには、それぞれ特徴がありますので、その特徴や使い道を写真付きで紹介していきます。

1. ガン玉の特徴と使い道

オモリ ガン玉
引用:Amazon

 

ガン玉は、球状で中央に割れ目が入っているタイプのオモリです。

この割れ目に糸をはさみ、仕掛けに重さを加えます。

 

ガン玉はオモリの中でも軽量なため、仕掛けを飛ばす目的では使われません。

主に防波堤のフチにいる魚を狙う『ヘチ釣り』や、川釣り、湖沼でフナなどの小魚を釣るときに使います。

2. カミツブシ(割りビシ)の特徴と使い道

オモリ カミツブシ 割りビシ
引用:Amazon

 

カミツブシ(割りビシ)は、ガン玉と似ていますが、楕円形という特徴があります。

カミツブシという名前のとおり、歯で噛んで潰し、糸に固定させます。

オモリの原料である鉛が口に入るのが嫌な場合は、ペンチを使いましょう。

 

カミツブシの使い道は、ガン玉と同様で、ヘチ釣りやウキ釣りなどに使われます。

3. 板オモリの特徴と使い道

オモリ 板オモリ
引用:Amazon

 

板オモリは、薄い板状のオモリです。

ペナペナで柔らかく、ハサミで切ることができます。

「仕掛けにあと少し重さを足したい」というときに便利なオモリです。

 

板オモリは、ガン玉やカミツブシと同様、仕掛けを飛ばすためには使われません。

使い道もガン玉やカミツブシと同様ですが、テープと組み合わせてルアーに重さを加える時にも使われます。

4. ナス型オモリの特徴と使い道

オモリ ナス型
引用:Amazon

 

ナス型オモリは、その名のとおり、野菜のナスに似ているタイプのオモリです。

ガン玉などと比較すると重量があり、よりすばやく仕掛けを沈められます。

 

使い道は多岐にわたりますが、主に防波堤でのサビキ釣りや、胴付き仕掛けを用いた釣りに使われます。

海でのチョイ釣りには必須のオモリですので、ナス型オモリはとりあえずいくつか持っておくとよいでしょう。

5. ナツメ型(中通し)オモリの特徴と使い道

オモリ ナツメ 中通し
引用:Amazon

 

ナツメ型(中通し)オモリは、中心に穴が空いているタイプのオモリです。

この穴に糸を通し、仕掛けに重さを加えます。

 

糸や竿先の変化を感じ、魚の『脈』を感じるような釣り方である『ミャク釣り』や、針とオモリだけを使い、仕掛けを投げて魚がかかるのを待つ『ぶっこみ釣り』などに使われます。

 

また中通しオモリは、糸に沿ってオモリが動くという性質上、糸や結び目を痛めることがあります。

そのため、中通しオモリの上下には、クッションとなるゴムを利用することが多いです。

ウキゴム
引用:Amazon

 

ウキのようにオモリを固定することはありませんが、ウキゴムを使うと、糸の結び目が保護できます。

6. 小田原型オモリの特徴と使い道

オモリ 小田原
引用:Amazon

 

小田原型オモリは、先端が六角形になっているため、潮に流されにくいタイプのオモリです。

 

重量のあるものが多く、主に海の船釣りでのサビキ釣りや胴付き仕掛けで使用されます。

小田原型オモリの中でも軽量のものは、防波堤でのチョイ投げ釣りやぶっこみ釣りにも使われます。

7. 胴付き型オモリの特徴と使い道

オモリ 胴付き型
引用:Amazon

 

胴付き型オモリは、他のオモリと比較しても、非常に重量があるタイプのオモリです。

そのため、仕掛けをすばやく、海の深いところまで落とせるという特徴があります。

 

胴付きオモリはその名のとおり、胴付き仕掛けで魚を釣るときに使われますが、主に船釣りで使われ、防波堤での胴付き仕掛けには使われません。

8. L型天秤の特徴と使い道

オモリ L型天秤
引用:Amazon

 

L型天秤は、投げ釣りでエサを浮かせるために使われるタイプのオモリです。

オモリに重量があるため、仕掛けを遠くに飛ばすために使います。

 

防波堤や砂浜での投げ釣りに使用されます。

またL型天秤は、糸の結び方により、仕掛けを固定したり、遊動式にしたりと、状況によって使い分けることも可能です。

9. ジェット天秤の特徴と使い道

オモリ ジェット天秤
引用:Amazon

 

ジェット天秤は、仕掛けを遠くに飛ばすために使われるオモリです。

ジェット天秤は、糸を巻くと浮くという特徴があるため、L型天秤よりも根掛かりしにくい仕組みになっています。

 

ジェット天秤もL型天秤と同様、投げ釣りでエサを浮かせるために使われますが、L型天秤のように仕掛けを遊動式にはできません。

10. ブラクリの特徴と使い道

オモリ ブラクリ
引用:Amazon

 

ブラクリは、釣り針とオモリがセットになっているタイプのオモリです。

単純なオモリというよりは、仕掛けの役割も担っています。

 

ブラクリは、テトラポッドのスキマや、構造物のスキマに潜む魚を狙うときに使われます。

カサゴやメバルなど、いわゆる『根魚』を釣るときに最適なオモリ兼仕掛けですね。

11. プラビシの特徴と使い道

オモリ プラビシ
引用:Amazon

 

プラビシは、サビキ釣りでコマセを入れるのに使う『コマセカゴ』と、オモリが一緒になっています。

上部分が『コマセカゴ』で、下部分がオモリです。

 

主に船釣りでのサビキ釣りや、マダイ釣りに使われます。

プラビシは基本的に重量が重いため、防波堤などでのチョイ釣りには使われません。

12. アンドンビシの特徴と使い道

オモリ アンドンビシ
引用:Amazon

 

アンドンビシもプラビシと同様、『コマセカゴ』とオモリが一緒になっています。

コマセカゴの部分は、針金が細かく編み込まれており、ここにコマセを入れて使います。

 

使い道もプラビシと同様ですが、両者を比較すると、アンドンビシの方が安価な傾向です。

このアンドンビシを使ったマアジ釣りのことを『アジビシ』と呼びます。

まとめ

今回は、魚釣りで一般的に使われる12種類のオモリを紹介してきました。

 

防波堤からのチョイ釣りなら、ナス型オモリやガン玉、ジェット天秤があると便利でしょう。

チョイ釣りからちょっとステップアップしたいときは、ナツメ(中通し)型オモリや、ブラクリがあるといい感じです。

 

釣りに使われるオモリは、特徴や使い道がそれぞれ違うもの。

状況によって、それぞれを使い分けられるようになりたいですね!